子育てをするようになって、地域の支援のありがたみを実感するようになりましたが、シングルマザーになってからはもっと手厚くしてもらえるようになって、本当に助かっています。

でも、同じシングルマザーでもこうした支援について知らないために、せっかくの制度を活用できていない人もいるようなので、私が知っている範囲でシングルマザーへの子育て支援についてまとめてみようとおもいます。

知らないと損をするということもあるので、シングルマザーの方には是非一度確認をしてみて欲しいと思います。

子育て シングルマザー 手当て

シングルマザーのようなひとり親家庭への手当てがあるのですが、名称は「児童扶養手当」と言います。

これは住んでいる自治体へ申請しないと受けることができない手当てなので、手当てを受けられる人でも受けていない人は多いかもしれません。(シングルマザーのママ友でも知らない人がいました)

 

「シングルマザーになったので、この手当てを支給しますね」

 

なんて市役所から手紙が来ることもありません。(そりゃー当然でしょうけどw)

 

申請は簡単で、自治体に児童扶養手当の受給申請をするだけでOKです。支給額は子供の数と親の所得額によって変わってきますが、本当にありがたい額の支給をしてもらっています (ノД`)タスカリマス…

また、自治体によっては住宅手当や家賃補助や医療費助成制度があるところもあるようなので、児童扶養手当以外にも経済的な支援をしてくれるところもあります。

黙っていては支援を受けられませんので、積極的に調べるなり尋ねるなりして支援の制度について情報を得ると良いと思います。知らなければ損をするということは結構ありますからね。

シングルマザー 子育てしやすい町や県

若い世代が少ない自治体を中心に、「子育てしやすい」という点をアピールして移住促進をしている県や市町村もあります。

子供の保育園の費用負担を軽くしたり、医療費が無料になったりと、子育て世代にとって魅力的な制度としているところが増えてきました。

子育て世代と同様に、シングルマザーなどの一人親家庭への支援を充実させている県や市町村もあるので、今の土地から離れることに支障がなければ、こうした制度を使うために移住するというのも一つの手段であると思います。

私はもともと住んでいた場所が「子育てしやすい町にする」というコンセプトで移住者を募っている町だったので、移住することなく子育てしやすい環境となっていますが、他の市町村のママ友に羨ましがられることもあります。

シングルマザー 子育て 相談

シングルマザーじゃないとわかってもらえないような相談事は同じ境遇のママ友にすることが多いですが、自治体の保健課の人にも相談できることはたくさんあります。

以前は子育てのことについては相談できても、シングルマザー特有のことは聞いちゃいけないかなーなんて思っていましたが、どうやらそんなことはなさそうでした。

今では、なかなか子供と接する時間が取れないことだったり、父親がいないことの影響なんかについても相談することもあります。世の中にシングルマザーが多くなったせいかもしれませんし、そもそも個人の事情に合わせた相談をしても良いのかもしれませんけれど、色んな相談をしてみると良いと思います。

確実に解決に至るとは言い切れませんが、相談している間に自分の考えがまとまってきたり、ちょっとした気づきが貰えたりするのでとても助かっています。

一人で考えるとどうしてもネガティブになりがちという人はきっと多いと思うので、上手に活用してみてはいかがでしょうか。すごく親身になって相談に乗ってくれると思いますよ。